News & Blog税務会計

温泉に入って税金還付!?

おはようございます。所長の村井です。

 

 

少しずつですが、コロナで失われた日常が戻りつつあります。

 

 

まだまだ紆余曲折ありそうですが、8月にもスタートする政府主導の「GO TOキャンペーン」による旅行、観光の活性化施策もあり、温泉地にも再び活気が戻りそうです。

 

 

さてさて本日の本題。

 

 

Q.温泉に入って税金が還付されることがある Yes or No?

 

 

カッチ・・カッチ・・カッチ・・ タイムアップ!!!

 

 

答えは・・・

 

 

Yes!

 

なんです。本当にホント。

 

証拠をお見せしましょう。

 

 

 

と、いうことで詳細な正解は、

 

「温泉での療養が医師によって指示され、かつその温泉が厚生大臣の認定を受けた施設である場合に限り、温泉の利用料(っていうかこの場合治療費ですよね)が医療費控除できる」でした!!

 

 

ですが、今まで25年間この仕事やってますが、未だかつて温泉療養されている方に巡り合ったことはありません。。。

 

 

ちなみにその”認定施設”とやらを調べてみたところによると、

 

 

北海道では

「豊富町ふれあいセンター」

 

 

東北では

「秋田県健康増進交流センター ユフォーレ」他6施設

 

 

関東では

「江の島アイランドスパ」他3施設

 

 

中部では

「富山県国際健康プラザ」他4施設

 

 

近畿では

「神戸みなと温泉 蓮」他1施設

 

 

中国では

「瀬戸内温泉 たまの湯」他1施設

 

 

四国では

「クアハウス今治」

 

 

九州では

「長湯温泉療養文化館 御前湯」

 

 

が該当しているようですよ!

 

 

ご興味ある方は他の施設も是非参考になさってください。

https://www.jph-ri.or.jp/onsen-nintei/list/index.html

 

 

私もいつの日かお世話になることがあるかもしれませんが、それまでは医療費控除には”ならない”温泉をしっかり楽しみたいと思います。

 

 

早く安心して旅行に行ける日が来るといいですね。