News & Blog税務会計

テレワークの費用負担が所得税非課税に!

こんばんは。所長の村井です。

 

去る1月15日に国税庁から「在宅勤務に係る費用負担等に関するFAQ(源泉所得税関係)」が発表されました!

 

やっとか・・・との思いもありますが、内容を見てみますと

 

①通信費の半額が非課税

 

②電気代の半額が非課税

 

というのが大筋の内容です。

 

 

例えば、1月に10日間のテレワークを行った場合、自宅の通信費が5,0000円と仮定すると

 

5,000円 × 10日/31日 × 1/2 = 806円

 

となるわけです。

 

でもネット代のみならず、プライベートの電話を使用するケースもあるでしょう。

 

そうなると計算はどんどん複雑になり、

 

◎携帯基本料金・・・上記計算に準ずる

◎オプション代・・・内容(業務に必要か否か)により上記計算に準ずるものと、計算から除外するものにわかれる

◎通話料・・・明細等で明確に分けられる場合は実費

 ※通話放題の場合は基本料金と同じ考えでよいと思われる

 

とかになっていくわけです。

 

しかも個々にその金額は異なりますので、これを毎月経理担当者がやるって、ええ!!!!って感じじゃありませんか?

 

ここに床面積等で按分しなければならない②に電気代が入ってきたら、もうパニックですよ。

 

 

もうちょっと事務負担考えてほしかったな、というのが率直な感想でした。

 

 

まぁ非課税にしてあげる趣旨は理解しているし、実費計算による負担が理想的なこともわかるのですが・・・

 

 

もっと簡素になることを期待して、明日からの確定申告モードに備えます!