News & Blog経営

経営力向上計画の威力

「経営力向上計画」って聞いたことありますか?

 

中小企業にとって、今大注目の計画書です。

簡単に言えば、経営力向上(主に労働生産性の向上)に効く投資計画といった感じの計画書です。

 

なぜ、これが注目されているか?

 

それは、この計画書には下記の効果があるからです。

 

1)革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金の申請において加点される

 

2)小規模事業者持続化補助金の申請において加点される

 

3)事業承継補助金の申請において加点される

 

4)中小企業経営強化税制(設備の即時償却など)を適用する際の必須要件となっている

 

5)設備投資に関する固定資産税3年間半額になる

 

6)設備投資に関して、日本政策金融公庫から低利融資が受けられる

 

7)30年度から拡充された所得拡大税制適用枠がさらに拡大する(控除率15%→25%)

 

などなどなど。。。

 

 

今後も他の施策に活用される可能性もありますし、認定を受けておいて損はないと思います。

少なくとも2020年くらいまでは現行の補助金や税制が続くと個人的には考えています。

 

なお申請から認定まで、約1ヶ月かかります。

いざ欲しいときに準備しても間に合いません。

 

計画は何度でも変更することが可能ですので、まず何らかの設備導入をお考えの企業はチャレンジされることをオススメいたします。

 

もちろん弊所でも「経営力向上計画」策定支援を行っています。

是非ご相談ください。

http://www.m-mat.jp/contact/